兼業主婦コメママのブログ

育児、節約、家事、育児、仕事について綴ります。

2人目出産☆

ちょうど1週間前に2人目女の子を

出産しました!

予定日の1日前の朝に産みました。

今回の出産·産後入院生活について、

記録します。

 

前日 就寝前

この日の晩はお腹の子がすごく動いて

いました。

ダンナに『今日めちゃお腹動くわー。そろそろかなー。』

と言ったぐらいです。

 

夜中3時 陣痛

突然目が冷めて腹痛に襲われました。

下痢がきた様な痛みです。

トイレに行きましたが、尿しか出ず、

またお腹が痛くなってきたので、

ダンナを起こしました。

 

4時 産婦人科医院着

3時半に産婦人科医院に電話をし、

腹痛が10〜15分毎に来る旨を報告すると、

電話を受けた助産師さんより、

では病院まで来て下さいと言われました。

痛みの頻度、痛みの強さ、

普段主治医から言われている問題点の有無

について聞かれました。

近所に住んでいる母に長女を見てもらうため

来てもらい、ダンナと病院へ向いした。

病院も自宅から歩いて3分という近さです。

でも寒くてお腹も痛くて辛かったです。

午前4時の病院到着後、すぐLDRに入りました。

 

いざ出産

早速、助産師さんの内診がありました。

子宮口が4〜5センチ、半分くらい開いてるとの事。

『良く頑張ったね』と言われました。

まだ10分位の間隔で、痛みは強くなってきましたが、

会話ができる余裕はありました。

しかし、陣痛は痛いです。

思わず、『痛いー!』と声がでますが、

しっかり深呼吸をして痛みを散らすように

と言われました。

 5時頃、陣痛の痛みが強くなってきましたが、

陣痛の間隔は5分で来る事もあれば、10分位になる事も。

血圧も150近くになり、これ以上上がっては危険だから

声を出さずに深呼吸するよう言われました。

6時頃、子宮口は全開近く。

助産師さんが先生を呼びました。

展開の早さに驚きつつも、早くこの痛みから

開放されたい気持ちでいっぱい。

 

子宮口も全開近くという事で一度いきむ練習をしました。

お腹ではなく、お尻に力を入れ、肛門を天井に突き出して

大きな便を出す要領でと説明を受け実践。

破水と同時に尿とオナラもでました(汗)

もう少し尿が残っているという事で、

導尿されました。

 

6時半頃、先生もきて、陣痛の間隔も2〜5分、

全力でいきみますが、なかなか出てきません。

陣痛促進剤を打たれ、陣痛をよりキツくした

ところで、2〜3回の陣痛と会陰切開で、ようやく出産!

6:52でした。

 

出てきた瞬間、大きな声で泣いてくれたので安心しました。

痛みに開放さる喜びと、赤ちゃんの泣き声で安心したのも束の間、

胎盤を出すのと、切開部分の縫合の痛みに耐えました。

で、その後カンガルーケアのため、

助産師さんが赤ちゃんを胸の上に乗せてくれました。

そこで、写真を一枚。長女の時もそうでしたが、

ひどい顔です。

あまり見返したくない顔ですが、

娘にとっては一生に一度の記念ですし、

わたしも生涯最後であろう瞬間なので、

写真にのこしておきます。

 

そして8時頃、保育園の制服を着た長女と母

が来てくれました。

長女は産まれたての妹を見て『可愛い』とひとこと。

一目見て、ダンナと保育園へ向いました。

 

LDRに朝食が運ばれてきました。

 ベーグルとフォカッチャ、サラダ、

ベーコンとキノコのソテー、スープでした。

パンだけ食べて、後は食欲が湧かず残してしまいました。

 

入院生活

経産婦は4日間の入院です。

出産した日は0日目になるので、

次の日から4日間になります。

私の出産日に、私以外の入院している方は他院するそうで、

入院患者は私だけになりました。

 

0日目

出産の疲れと全身の痛み、お尻の痛みがあり、

ゆっくりしました。

切開部分と痔の痛みがきつくて、

昼、夜と痛み止めを処方してもらいました。

痔の軟膏も5日分処方してもらい、

1日2回、患部に注入·塗布しました。

導尿したので、尿をするのも痛くて、

尿意はあるものの、残尿感がある状態が続きました。

この日の晩は新生児室へ預けました。

 

1日目

朝から母子同室になりました。

まだ母乳が沢山出ないので、泣き続ける場合は

砂糖水を足してもらっていました。

少し動けるようになったので、荷物の整理をしました。

午後にシャワーを浴び、少しスッキリしました。

相変わらずお尻の痛みがひどく、

痛み止めをのんでいました。

また、便秘になりそうなので、

下剤も処方してもらいました。

夕方頃、ようやく尿が普段通りに出て、

便も出ました。お尻はヒリヒリ痛みますが、

中はスッキリしました。

 

2日目

午前中はエステがありました。

フットマッサージもしてもらい、

とても気持ち良かったです。

昼は沐浴の指導があり、

夕方は、お祝いのコース料理を頂きました。

相変わらず入院患者は私だけだったので、

部屋食になりました。

f:id:komemama:20190202151448j:plain

私の大好きな肉料理もありました!

1人で部屋食は少し寂しかったですが、

気楽で良かったです。

 

3日目

赤ちゃんの黄疸の数値が上がり、

光線治療をする事になりました。

2〜3時間毎に新生児室から呼び出しがかかり、

授乳室で授乳をし、それ以外は光線治療を受けていました。

母乳も沢山作られる様になり、時間が経つとすごく腫れてきました。

光線治療は24時間行われ、夜中の授乳はどうするか聞かれました。

授乳しないと胸が痛いので、呼び出してもらう事にしました。

授乳室で授乳していると、詰所から助産師さんの

会話が聞こえてきます。

緊急カイザーが入ったとか、

陣痛の進み具合とか。

退院日前日にして、他の入院患者さんが

増えてきた模様です。

 

4日目

朝7時に呼び出しがあり、授乳。

8時半に主治医の診察を受けました。

痛み止め、整腸剤、鉄剤、

痔の飲み薬(漢方薬)と塗り薬を1週間分処方してもらいました。

そして、風疹の抗体が低いので、

予防接種をしました。

風疹の予防接種は条件が合えば大阪市から助成があります。

一旦差支払いをし、申請後振り込まれます。

その後、新生児室へ行き、光線治療を終えた赤ちゃんを

自分の部屋に連れて帰り他院準備。

10時頃に事務員が、請求書を持ってきて

精算後、退院しました。

今回の産院は全室個室で入院費用は

少し高め。

入院前に予約金10万円、

出産育児一時金の直接支払い利用が42万円、

退院時の支払いが11万円ですが、

内3万円が黄疸の治療費で赤ちゃんの健康保険証、

乳幼児医療証が発行されたら返金されるもの、

約6500円が風疹の予防接種で助成金として戻ってくるので、

自己負担は約75000 円。

入院・出産費用は595,000円。

約60万円でした。

何だかんだで、出産・育児していくのにはお金がかかります。

より節約し、計画的に職場復帰を目指さねば。。。